english page

佗の美学


萩焼は、毛利家の御用窯で茶陶として発祥します。
茶陶は個々の個性を尊重し、品格を求めます。
又使った時の美を求め、それは簡素で素朴なものに落ち着く。

茶道は禅であり哲学です。又、道具に対しても思想を求め
茶道に於ける道具の在り様は、無心で作為を見せない。
着飾る美で無く、内面から滲み出る味わいと言えます。
そして、精神で感じる佗の美学が生まれます。
利休や茶人(武将)が極めた美で、日本の美的理念となり 現在に生き続いています。
佗の美――全て簡素の中に存在する閑寂な趣

萩 湯呑 使用前・使用後

手取りの温もりは、その物の持つ個性です。

萩焼は、軟陶です。それは柔らかい土程、茶が馴染み美味しくなる所以からです。
釉薬と土の収縮によって生じる貫入も、柔らかくする為の所作です(萩の七化け)。
土の特性は、熱の伝え方、逃がし方が緩やかでお茶を美味しくします。
そして、口当たり、手取りの暖かさ、温もりが生まれます。

戦国時代の茶道と現代は違いますが
高価な美術品でなくても、ひとつの湯呑で味わう事ができます。
そして手に取り使用して、初めて理解する事ができます。


出会いと感動


事の始まりは、出会いと感動から始まる。それは物であったり、人であったりします。
打ちのめされる感動がなければ、意識の改革も探究心も湧き起こりません。
私の場合、古唐津の水指との出会いからです。
今迄の焼物感が根底から覆されました。これが人間の成せる技か、
威風堂々何百年も空気を吸い、歴史を生きてきたものの強み、敢然と立ち向かい、強烈に存在感を訴え掛けてくる。
力強い。
もっと驚いた事は、水を張ったときです。 
何百年も使用していないものだから、物凄い音を立てて水を吸い込んでいく様は、
正に生き物のように感じ、いまだにあの音が耳にこびりついて離れません。
最初はうなり声のような、腹の底から絞り出すような異様な音でした。
次第に穏やかになり 表面にしずくが流れうれし泪の様に見え 
作者の心魂込めた思いが、伝わり、一瞬血の気が引き、身震いがしました。
土物は常に呼吸をし、その時々の表情をし生きています。
焼物の素晴らしさと偉大な先人が残したものを受け継ぎ、次の世代に引き継がなければなりません。


ページのトップへ戻る